当院について

診療について

うまとび

特集

コンタクトレンズとメガネ

屈折異常(近視・遠視・乱視など)を矯正するためにはメガネかコンタクトレンズを使うのが一般的です。コンタクトレンズは、おもに屈折異常の矯正に用いられますが、治療用、美容用、診断用などさまざまな目的でも使われます。メガネとの大きな違いは、眼とレンズの間に距離がないという点です。 このため、メガネとコンタクトレンズには光学的な差が見られます。メリット、デメリットをよく確認しておくことも大切です。

コンタクトレンズの主な利点

  • 眼球とともに動くのでレンズの欠点であるゆがみを感じたりすることが少なく、視野も広い。
  • レンズの厚みが薄いので、見たものの像の大きさに対して差が起こらず、不同視(左右の眼の屈折度が大きいもの)でも、両眼とも矯正できる。
  • 眼球とレンズの間に涙の層があるだけなので、湯気などで曇ることが少ない。

コンタクトレンズの主な欠点

  • 異物感があったり、角膜障害を起こすことがある。
  • メガネに比べ、取り扱いや装用が不便である。

□ コンタクトレンズ(CL)とメガネの比較表 □

  CLによる矯正 メガネによる矯正
取り扱い やや不便 簡単
装用時間の制限 あり なし
管理 頓雑 簡単
装用練習必要 必要 不要
視野 広い やや狭い
光学的欠点 少ない 多い
眼合併症の危険性 あり なし
スポーツ 便利 不便
美容的効果 よい やや難

☆コンタクトレンズを使用する場合には、どんな種類のレンズでも必ず定期検査が必要です。眼に直接のせる医療用具ですので、必ず眼科医の指示に従って使用しましょう。
☆コンタクトレンズ使用者でも、レンズの装用の前後やトラブルでレンズを装用できない場合に備えて、メガネとの併用が必要です。

使い分けたい「使い捨てコンタクトレンズ」

使い捨てコンタクトレンズには、洗浄などの手入れが不要で使い捨てるタイプと、簡単な手入れをして一定期間で使い捨てるタイプがあります。使い捨てコンタクトレンズにはハードはなく、ソフトのみであることはよく知られています。また、これらは決められた期間を超えて使い続けることはできません。使用期間によって3タイプの使い捨てレンズがありますので、都合に合わせて、上手に使い分けてみましょう。

定期交換レンズ

簡単な手入れをしながら使用し、一定期間で交換するレンズです。 使用期間は2週間、1ヶ月、3ヶ月のものがあります。使い捨てレンズの中で一番普及しているタイプです。開封後は決まった期間で交換しましょう。

1日使い捨てレンズ

使用途中でレンズをはずして、洗って入れ直したり、翌日に同じレンズを使用することはできません。手入れを必要としませんが、毎日1枚使用しますので、他のレンズに比べて高価になります。

最近話題の遠近コンタクトレンズ

Q.最近、新聞や雑誌などでときどき目にする遠近両用コンタクトレンズ。いったいどういうものなのでしょうか。

A.実はコレ、最近でたばかりの新商品ではなく、すでに15年以上前から国内で販売されていました。ただ、認知度が低く、また実用的にはいま一歩というものでした。現在はメーカー数社から、ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、使い捨てのソフトコンタクトレンズの遠近両用コンタクトレンズが販売されています。このレンズは、メガネの遠近両用レンズと同じように、一枚のコンタクトレンズで、近くも遠くも見ることができるようにしたもので、下の図のように、交代視型と同時視型の2種類があります。年齢とともに近くが見えにくくなってきた老視の方が対象となり、このレンズをお試しになった方々は「はっきり、すっきりとはいかないが、遠くも近くもまあまあ見える」とおっしゃる方が多いようです。直接、眼の中に入れるコンタクトレンズですから、コンタクトの経験のある方のほうが早く慣れるでしょう。また、眼の状態によっては、コンタクトレンズを使用できない場合もありますので、ご希望の方は医師の診察を受け、十分な説明をお受けください。

【 交代視型 】
交代視型

交代視型は、メガネレンズと同様に上部と下部で役割が分かれます。鮮明な見え方が期待できますが、レンズが回転したり、視線を移動するときにゆがみを感じたりすることがあります。

【 同時視型 】
交代視型

同時視型は、レンズの中心部に近用部と遠用部が同心円状に並んでいます。そのため遠方と近方の像が同時に見えますが、脳が2つの像を瞬時に判断することによって、見たい方の像を見ることが出来ます。 交代視型に比べ、レンズの回転や動きによる影響は少なくなりますが、ごくわずかですが、暗く感じる場合があります。

コンタクトレンズとの正しいつきあい方

傷つきやすいデリケートな眼に直接装用するコンタクトレンズ。性能や使い勝手が向上し、種類も豊富になった反面、購入方法や使い方を間違えて、トラブルを起こす人が増えているのも事実です。コンタクトレンズが初めての方も、すでに愛用している方もいま一度、コンタクトレンズの正しい使い方を確認しましょう。

●購入方法

必ず眼科の処方を受けてから購入しましょう。インターネット販売やドラッグストアが安いからといって安易に購入するのは危険です。眼の状態は変化しているので、コンタクトレンズの購入、または買い替えの前には、必ず眼科医の処方を受けましょう。特殊なコンタクトレンズ(乱視用、遠近両用など)円錐角膜やアレルギー体質についても、まず眼科医にご相談ください。

●コンタクトレンズも定期検査を

コンタクトレンズは、めがねと違って装用中の見え方に違和感が少なく、特にソフトコンタクトレンズは付けていることをほとんど意識せず、普通に生活できます。はじめは1週間後に、問題がなければ、2週間、1ヶ月と少しずつ間隔をのばし、慣れてきたら、3ヶ月に1回の割合で検査を受けることも大切です。そうすることで忘れやすい手入れの見直しもでき、眼の障害やトラブルを未然に防ぐことができます。

●コンタクトレンズは薬と同じ

病気を治してくれる薬も誤った飲み方や使い方をすると、かえって身体に悪い影響をおよぼすこともあります。コンタクトレンズも同じです。装用時間を無視して、長時間装用すると、大切な目を傷つけたり、病気の原因となったりします。視力を矯正するためのコンタクトなのに、眼の障害の原因になったら本末転倒。眼科医の指示通りの使い方をしましょう。

●使用上のルール

ずさんなレンズの手入れは禁物です。特にソフトレンズは毎日の洗浄、消毒を怠ると眼の障害の原因になります。また、使い捨てレンズは決められた通りに廃棄し、再利用はやめましょう。またコンタクトレンズの貸し借りは厳禁です。レンズに付着した汚れや雑菌、ウイルスも貸し借りすることになります。



眼に異常を感じたらまずは眼科医に相談。 取り返しのつかないトラブルになる前に早めに対処して、快適なコンタクトライフを送りましょう。

メガネ選びのポイント

ファッション性が重視されているメガネ選び。でも、それで良いのでしょうか? 今回はメガネ選びの基本をご紹介。快適なメガネ選びの参考にして下さい。

メガネの目的

■一番重要なことですが、メガネを作る目的をはっきりさせましょう。読書のためですか?車の運転のため?それとも日常生活の不便をなくすため?目的によってフレーム(枠)やレンズの種類も違ってくるのです。

レンズ

■フレームに比べて、自分で選ぶ感覚があまりないのがレンズでしょう。「軽いのがいいからプラスチックレンズ」「よく分からないから、高価なレンズ」という声も聞かれます。あながち間違いではありませんが、高価な非球面レンズや高屈折率レンズなどは誰にでも必要なものではありません。それは強度の近視や乱視の方が悩むレンズの重さや厚さにこそ効果を発揮するもので、軽度の方には従来の比較的お求めやすい価格のレンズで十分です。レンズの色については、目的に応じて選びましょう。

フレーム(枠)

■ファッション性の高いのがフレーム。店頭に並んでいるたくさんのデザインや色を見て迷ってしまうものですが、選ぶ際には基本的なポイントがあります。
(1) フレームの大きさは眉から顎までの長さを三等分して、その三分の一の長さをフレームの高さに合わせると良いでしょう。
(2) フレームの横幅は、顔の一番広いところにあわせると良いでしょう。フレームと目の位置関係も重要です。
(3) フレームの色は肌や髪の色も意識して決めましょう。
(4) 材質はさまざまですが、軽さや強度に差がありますので、何を優先するかで決めましょう。
 見た目のきれいなフレームがあなたを綺麗に見せるとは限りません。店頭でいろいろなフレームを試して、迷ったときは相談しましょう。良いメガネ屋さんは、的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

長いおつきあいをするメガネです。ファッション性や価格に惑わされずに、親身になって相談に乗ってくれるメガネ屋さんで的確なメガネをお選び下さい。