当院について

診療について

うまとび

特集

老眼鏡はいつから使うもの?

老眼は医学的には老視(ろうし)といいます。老眼は40歳前後から始まります。 主な症状としては「近いところを見ていると疲れる」「かすんで見えにくい」「近くを見ていて急に遠くを見たときにすぐにピントが合わない」などがあります。

老眼は加齢による老化現象なので、誰にでも起こり、防ぐことは出来ません。
 時折「老眼は目の筋肉の衰えが原因だから鍛えれば治る」「水晶体(すいしょうたい)の老化を防ぐにはビタミンEやビタミンBを摂取するのがいい」などの話を耳にしますが、残念ながら効果のほどは明確ではありません。
 目にはピントを自動的に合わせる調節機能がありますが、その働きをしているのが「水晶体」というレンズと「毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉です。毛様体筋が緩んだり、縮んだりすることによって、水晶体の暑さが変化してピントを合わせることが出来るのです。しかし、年をとるとだんだん水晶体が弾力を失って硬くなり、毛様体筋も衰えてきます。そのため、調節力が低下して近くのものにピントが合わせにくくなってきます。これが老眼の主な原因とされています。調節力の低下は40才くらいから始まって60才くらいまでにはほとんど調節力がなくなってしまいます。

「近視の人は老眼にはならない」と言われることがありますが、近視の人でも遠くが見えるように合わせた眼鏡やコンタクトレンズを装用した状態であれば、やはり近くのものが見づらくなります。ただ、近視はメガネのレンズの度数を弱くしたり、メガネをはずしてみれば近くが見えるため、老眼にはならないと言われているようです。遠視の場合はもともと近くにピントを合わせるのにハンディがありますから早くに老眼の症状が現れてきます。

「早くから 老眼鏡を使うと度が進む」「美容的に老眼鏡はかけたくない」といってなかなか老眼鏡をかけない方がいますが、無理をしたところで、老眼は良くなったり進行を遅らせたりできるものではありません。かえって眼や体にとって良いことではありません。眼の疲れ、頭痛、肩こりなどの症状が現れることもありますので、我慢や無理を重ねることは禁物です。新聞や雑誌の字が見づらくなってきたら、早めにご自身にあった老眼対策をお考え下さい。