当院について

診療について

うまとび

特集

眼の感染症も予防しよう!!

結膜とは、上下のまぶたの裏側と白目の裏面を覆っている半透明の膜のことです。ここが炎症が起こすことを「結膜炎」といいます。原因は、細菌、ウイルス、アレルギーなど。中でもウイルスによる結膜炎は感染力が強く、ときに集団感染の原因にもなります。

結膜炎になると、白目が充血して赤くなり、目やにが出たり涙が出たりします。原因はさまざまですが、ウイルスによっておこる結膜炎は、感染力が強いことから「はやり目」と呼ばれています。

「はやり目」は3つの種類に分けられています。

●流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)

アデノウイルス(8型・19型・37型)によって起こる結膜炎です。感染力が強く、俗に「はやり目」と呼ばれています。症状は、白目の充血、目やに、涙が出る、まぶたが腫れるなどで、眼に痛みを伴うこともあります。 また、耳、あごの下にあるリンパ節が腫れることもあります。症状の強い人では、まぶたの裏に白い炎症性の膜(偽膜)ができ、眼の表面が荒れてしまうこともあります。 潜伏期間は約1週間。通常、発症してから約1週間を経過したころが病状のピークで、その後、徐々に改善していきます。炎症が強い場合は、黒目に小さな濁りができてしまうことがあります。この濁りは、徐々に消えていきますが完全に消えるまでに数ヵ月かかることもあります。

●咽頭結膜炎(いんとうけつまくえん)

アデノウイルス(3型・4型・7型)によって起こる結膜炎です。俗に「プール熱」と呼ばれています。症状は白目の充血、目やになどといった症状の他に、のどの痛み、39度前後の発熱が見られます。 潜伏期間は約1週聞で、症状は発症から1週間ほどで軽快していきます。

●急性出血性結膜炎(きゅうせいしゅっけつせいけつまくえん)

エンテロウイルス(70型)やコクサッキーウイルス(A24変異型)によって起こる結膜炎です。症状は急性で眼の痛み、目やにが出現し、しばしば白目に出血が見られます。症状の強いときは角膜に小さな傷ができることがありますが、濁りになることはありません。潜伏期間は1日で、症状は発症から1週間ほどで軽快します。

はやり目にかかったら

「はやり目」のウイルスに対する特効薬は残念ながらありません。眼科では、消炎剤や抗生物質の点眼薬が出されます。ウイルスで弱った目に細菌がつくことによる他の感染を予防するための処置です。必ず指示通りに点眼しましょう。  また、他の人に感染しないように配慮することは大切です。そのために、次のことに気をつけましょう。

  • 手を洗うときは、水道水を出したままで、手を石鹸でよく洗い、すすぎましょう。
  • 使用するタオルは、他の人と共用することはやめましょう。
  • 他の人が使用している点眼薬は使用しないようにしましょう。
  • 涙や目やにを拭いたティッシュなどは、感染を避けるためにもビニール袋等に入れて捨てましょう。
  • 職場、学校、保育園等は休む必要がありますので、医師の指示に従いましょう。

「はやり目」は、かからないように予防することも大切です。日ごろから汚れた手で目をこすったりすることのないよう、衛生面に心がけましょう。

「はやり目」は人に感染しやすい病気です。
自己判断したりせず、必ず医師の診察を受けることをおすすめいたします。