当院について

診療について

うまとび

特集

網膜剥離ってなに?

網膜とは眼底一面に広がっている、カメラのフィルムに相当する薄い膜状の組織です。網膜は、感覚網膜という光を感じる層と、その土台となっている色素上皮(シキソジョウヒ)の二層に大別できます。感覚網膜が色素上皮からはがれるのが「網膜剥離」です。今回はもっとも代表的なタイプの裂孔原性網膜剥離(レッコウゲンセイモウマクハクリ)についてご説明しましょう。裂孔原性網膜剥離は網膜の一部に裂孔(裂け目)ができ、そこから感覚網膜と色素上皮の間に眼球内の水が流れ込んで剥離します。網膜剥離が生じると、対応する視野が欠けます。剥離が網膜の上の方に起こると、下方の視野が欠け、下方の網膜が剥離すると上方の視野が欠けます。そして、網膜剥離が黄斑部(オウハンブ)(眼底中央にあるもっとも大切な部分)に及ぶと、視力が低下します。では、網膜剥離が起こる前に何か症状はないのでしょうか。もし、そうした症状があれば、早期診断、早期治療が可能となり、より良い視力が維持できます。そこでクローズアップされるのが飛蚊症(ヒブンショウ)です。飛蚊症は、通常、近視や加齢によって起こる生理的な変化で病的なものではありません。数や形に変化がなければ心配なものではありません。しかし、初めて飛蚊症を自覚したときは、病気によるものと区別できないので、必ず眼科で検査する必要があります。網膜剥離や網膜裂孔の症状としての飛蚊症は、眼の中に糸クズのような、あるいは黒いすす状のものが急激に増えます。これは網膜に裂孔が形状された際に網膜の血管が切れ、出血したり網膜の下の細胞が眼球内に飛び散るために起こります。急激な飛蚊症の増悪は網膜剥離の可能性が高く、気づいたらすぐに眼科を受診するようにしてください。網膜剥離に裂孔が形成されただけで、網膜剥離が起こっていなければ、手術をせずにレーザー凝固(ギョウコ)や冷凍凝固で治療することができます。すでに網膜剥離が起こっているときは、手術が必要です。しかし、早く見つかれば手術も簡便な方法で、手術時間も短く、初回で網膜剥離が治る確立は100%に近くなります。発見が遅れれば遅れるほど手術操作も煩雑になり、初回の治る確立も低くなります。また、治っても視力が戻らないこともあります。

網膜剥離の症状とは

 はがれた網膜は、栄養供給が途絶えるため、機能が低下します。そのため光に対する感覚が鈍くなり、はがれた部分に対応して見える範囲が欠けるといった症状が現れます。網膜剥離が上部で起こると下の方が見えなくなり、下部で起こると上の方が見えなくなります。
 そして網膜剥離が黄班部(おうはんぶ=眼底中央にある、もっとも大切な部分)に及ぶと、視力が低下します。また、網膜が破れたときに生じる出血などが眼球内に広がると、糸くずや黒いすす状のものが目の前にちらついて見えます。これを飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。

飛蚊症は、網膜剥離の前兆かも

 飛蚊症は、通常、近視や加齢によって起こる生理的な変化で、病的なものではありません。糸くずや黒いすす状のものが急激に増えたり、形が変わったときは、網膜剥離の可能性が高いので、気づいたらすぐに眼科を受診しましょう。また、初めて飛蚊症を自覚したときは、症状が生理的なものか、病気によるものか区別できません。必ず眼科で検査する必要があります。

早期治療が重要

 はがれた網膜は、時間が経過すると、光を感じる機能を失います。一度失われた網膜の機能は、二度と再生されません。網膜の機能が失われる前に、できるだけ早い治療が必要となります。

網膜剥離だとわかったら

 網膜裂孔や剥離は薬で治すことはできません。網膜列孔ができた場合は、裂孔の周辺をレーザーで凝固や冷凍凝固を行い、裂孔をふさいで網膜剥離を予防しなければなりません。網膜剥離が起こってしまった場合には、手術と入院が必要です。

◆網膜剥離は、とにかく早期治療が重要です。少しでも「おかしいな・・・」と思ったら、迷わず眼科を受診して下さい。