当院について

診療について

うまとび

特集

眼球のしくみ

眼球の中で代表的な部位の名称と、その部分がどのような役割を持っているのかご説明させていただきます。当院の医師やスタッフが患者様にご説明するときは、なるべくわかりやすい言葉を使うように心がけておりますが、さらに病気の場所や病名がわかりやすくなれば幸いです。

眼球の仕組み
角膜(かくまく)

黒目の一番表にあり、直径はおよそ1センチ厚さ1ミリの透明な膜です。眼の中に光りが入る窓のようなものですが、その光を屈折させる大事な役目を持っています。角膜には血管がないため、空気中から酸素を取り入れたり、眼の中にある房水(ぼうすい)と呼ばれる液体から栄養や水分を補給しています。

水晶体(すいしょうたい)

角膜を通って眼の中に入ってきた光を、眼球の一番後ろにある網膜(もうまく)に到達させる役目をしている透明なレンズです。水晶体は弾力性があり、近くを見るときにはレンズの厚みが厚く、遠くを見るときは薄くなります。年をとるにしたがって水晶体が固くなり、近くにピントが合わなくなってきます。また、この水晶体が白く濁ってくる病気が「白内障(はくないしょう)」です。

虹彩(こうさい)

俗に茶目と言われるところで、その中央にある円形の窓が瞳孔(どうこう)です。眼の中に入る光の量に応じて、瞳孔の大きさを自動的に調整します。瞳孔は明るいところでは小さく、暗いところでは大きくなります。

硝子体(しょうしたい)

眼球の体積の5分の4を占めている、眼球の中でも最も大きな部分です。水あめのようにドロッとしていて、角膜・水晶体同様に無色・透明です。眼球の形を保つ役目をしています。

強膜(きょうまく)

白目と呼ばれる部分で、厚さは1ミリ程度の強靭な膜です。眼球の形を保ちながら、眼球内の組織を保護しています。

網膜(もうまく)

眼の中に入ってきた光は、最終的に網膜に到達します。網膜に写し出された映像は、正しく脳に伝達されて初めて「見る」ことができるのです。眼球の後ろから視神経(ししんけい)の束が出て脳につながっています。また、網膜には上下さかさまの像が映っていますが、脳がそのさかさまの映像を正しい上下の位置に解釈しなおしています。さらに、眼底検査により網膜の血管を直接観察できます。眼の病気だけでなく、体の病気、たとえば高血圧や糖尿病などの状態を診ることもできます。