当院について

診療について

うまとび

特集

お子様の点眼にお困りではありませんか?

点眼薬を目に入れることをいやがるお子様は結構多いものです。しかし、点眼薬を利用しないと、それだけ完治までにも時間がかかります。「泣きわめくので、薬がつけられない」「嫌がるから、かわいそうで・・・」という声もありますが、お子様を辛い状態から早く治すためにも、上手に点眼薬を使用しましょう。
 そこで、上手な点眼薬の使用法をご紹介します。
 まずは、点眼薬をつける人とお子様の手を石鹸でよく洗いましょう。

●方法

  1. お子様が赤ちゃんであれば、まず寝かせて"あかんべぇ"をさせる要領で下まぶたに点眼します。うまく入ったら、下まぶたを軽く押し上げてなじませます。余分な点眼薬はティッシュなどで軽く拭き取って下さい。
  2. 少し大きいお子様なら、ひざまくらをしてあげて点眼します。このとき、お子様に天井を見てもらい、ほんの2~3センチ離れたところから点眼してあげるのがコツです。
点眼時に目をつぶってしまうお子様の場合

 目のまわりをふいてから、目頭付近に点眼します。まばたきをさせると点眼薬が目の中に入っていきます。また、寝ている間に点眼するのも1つの方法です。

!注意
  1. 涙で点眼薬は流されますので、お子様が泣いている最中は点眼を避けて下さい。
  2. 点眼時にお子様が動き、容器の先で目を傷つけないように充分に気をつけましょう。

 お子様の点眼は、とても難しいです。まずは恐怖心を取り除いてあげることも大切なポイントです。一度上手にできたら、ほめてあげましょう。点眼は痛くないし、怖くないことを伝えて、安全に点眼できるようにしたいものです。