当院について

診療について

うまとび

特集

糖尿病網膜症

「まさか糖尿病で失明するなんて」と思っていませんか? 現在、日本では成人が失明する原因の第一が「糖尿病網膜症」です。

糖尿病は、血液中の糖分(血糖)が多くなり(高血糖)、その結果血管や神経がしだいにおかされ、放置しておくと目や腎臓をはじめ全身のいたるところに合併症といわれる障害が出現する病気です。糖尿病は年々増加しており、40歳以上の10人に1人が糖尿病にかかっていると推測されています。糖尿病の増加に伴って、合併症の一つである糖尿病網膜症も増え続けているのです。
 糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症の中でも最もこわいものですが、自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにじわじわと病気が進行してしまいます。自覚症状が現れたときには手遅れであることが多く、失明の危機にさらされてしまうのです。

糖尿病で高血糖状態が続くと、まず全身の細い血管に障害が起こります。糖尿病になると目や腎臓に障害が起こりやすいのは、目や腎臓には血管がたくさんあるためです。網膜は目の中に入ってきた像を脳に伝えるうえで非常に重要な役割をしていますが、この網膜には酸素を運ぶための細かい血管がたくさんあります。この網膜の細かい血管に障害が出ると血液の流れが悪くなり、酸欠状態になって血管がもろくなります。さらに進行すると、広い範囲で血管が詰まり、異常な血管が発生するなどの変化や、もろくなった血管が破れて網膜の表面や眼球内で出血が起こり、さらに悪化すると網膜剥離を起こし失明にいたる危険があるのです。

糖尿病網膜症の進行を抑える治療には、レーザーを用いる網膜光凝固(もうまくひかりぎょうこ)、硝子体(しょうしたい)手術がありますが、最も大切なのは食事療法を中心とした内科的な全身管理です。眼科的な治療を行う場合でも血糖コントロールは継続する必要があります。
 糖尿病と診断されたら、定期的に内科を受診して、医師の指示があれば、たとえ自覚症状がなくてもすぐに眼科を受診して検査を受けて下さい。早い段階で網膜症を発見できれば、それだけ進行を早くに抑えることができます。早期発見、早期治療が糖尿病網膜症では何より大切になります。



糖尿病網膜症に関する8つの質問

全国の糖尿病患者さんは、現在約820万人と言われています。 この病気の厄介なところは合併症を発症することです。失明の怖れもある「糖尿病網膜症」について知っておきたい基礎知識をご確認ください。

Q1高血糖状態(糖尿病)がつづくと、なぜ目にまで悪影響があるのですか?

A.細い血管の内皮細胞に障害が出て血流が悪くなり、網膜に栄養、酸素不足が起こり、目に悪い影響が出ます。

Q2糖尿病と診断されても、その血糖値には個人差があります。「目の病気に要注意」という一定以上の数値がありましたら、教えてください。

A.空腹時の血糖値が120mg/dlを超えたら要注意です。

Q3糖尿病になると、どのくらいの割合で、網膜症を発症してしまうのでしょうか?

A.個人差はありますが、高血糖値が5年~10年つづくと発症の危険があります。また、血糖値のコントロールが上手にできない場合は、70~80%の割合で発症します。

Q4「糖尿病網膜症」には、早期発見できる自覚症状はありますか?

A.残念ながら、早期発見の自覚症状はないと言っていいでしょう。 その点からも「糖尿病」と診断されたら、定期的に眼科での検査をおすすめします。

Q5糖尿病と診断されたら、「糖尿病網膜症」にかからないために、患者として注意しなければならないことは何ですか?

A.血糖値のコントロールを正確に行うことです。

Q6もし、すでに「糖尿病網膜症」であるとしたら、治療法はあるのですか?

A.それはあります。レーザー光凝固と硝子体手術です。しかし、元の良い視力にはもどらないとお考えください。

Q7失明してしまう人は、どのくらいいるのですか?

A.糖尿病網膜症による失明は、年に3500人と言われ、失明率は第2位です。第1位は緑内障です。

Q8「糖尿病網膜症」患者として、自己管理すべきことは何でしょうか?

A.血糖値のコントロールと眼科での定期検診です。多くの場合は、この自己管理ができずに、自らが悪化させている例が多く見られます。

早期発見、早期治療も大切ですが「糖尿病」と診断されたら、まず生活習慣を見直し改善をはかり、厳密な血糖値のコントロールを行いましょう。そして定期的な眼科検診によって、大事に至らないようにしたいものです。