当院について

診療について

うまとび

特集

まぶたの病気

 まぶたには、眼球を保護する役割、顔の表情を演出する役割があります。 「目はロほどに物をいう」というように、まぶたが演じる目つきは、ことばで伝えるのと同じくらい強い印象を周囲の人に与えます。今回は、その「まぶたの病気」についてのお話です。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

 まぶたにある脂肪を分泌する腺にバイ菌がついて化膿する病気です。 俗に「ものもらい」などと呼ばれています。 症状は「まぶたが赤く腫れる」「異物感」「目やに」「痛み」などです。 治療は、抗生物質や消炎剤の目薬を使います。また炎症が強い場合は飲み薬を服用することもあります。 化膿が進めば、自然に膿が出て治りますが、切開して膿を出すこともあります。 人から感染するものと思われがちですが、うつるものではありません。 日ごろから清潔を心がけ、汚れた手でこすったり、触れたりしないように気をつけましょう。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

 まぶたにある脂肪を分泌する腺がつまって、まぶたにしこりができる病気です。 麦粒腫に似ていることもありますが、無菌性で痛みがないのが特徴です。 時に、そこのバイ菌が付いて炎症を起こす場合があり、その際は痛みが発生します。 痛みがなければ放置しておいても問題ありませんが、気になるようであれば、手術をおすすめします。 炎症があるうちは、触れずに目薬をしっかりとつけてください。また、寝不足、長風呂、深酒などは炎症を引き起こす場合があるので、控えましょう。

眼瞼内反(がんけんないはん)

 まぶたが眼球側へ入り込んでくる(内反する)病気です。まつ毛が眼球表面に触れるので、異物感やまぶしさ、涙が出る、痛みやかゆみなどがあらわれ、結膜炎などを引き起こします。年齢とともに目のまわりの筋肉がゆるむなど、まぶたが余り気味になることが原因としてあげられます。症状が強い場合は、手術をして治すこともあります。

睫毛内反(しょうもうないはん)

 まつ毛が内反する病気で、いわゆる「逆さまつ毛」のことです。 眼瞼内反とは違い、まぶたは内反していませんが、まつ毛が眼球に触れる点は同じなので、眼瞼内反と同様の症状があらわれます。睫毛内反は、乳幼児に多く見られます。 こどもは大人に比べて顔つきが平坦で、まぶたの皮膚がまつ毛に覆いかぶさるようになっているためです。多くは成長ととに自然に治りますが、成長しても治らない場合は、手術をする場合もあります。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

 自分の意思とは関係なく、目のまわりの筋肉が痙攣する病気です。結膜炎、角膜炎、異物の混入、ドライアイ、ストレスなどが原因で起こることもありますが、脳に異常が生じて起こる場合もあります。進行の度合いには個人差がありますが、症状がつらい場合は治療を受ける必要があります。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

 上まぶたが垂れ下がって、上がらなくなる状態を「眼瞼下垂」といいます。生まれつきまぶたを上げる筋肉が弱い先天性のものと、後天性のもの(加齢によって起こる老人性)があり、先天性が80%を占めます。日常生活に不自由な場合は手術で治すことができます。

まぶたの病気は、他にもたくさんあります。少しでも「おかしいな……」と感じることがありましたら、医師の診察を受けることをおすすめします。