当院について

診療について

うまとび

特集

涙道・涙管の病気

涙は涙腺でつくられ、目頭にある涙点から涙小管を通って、涙嚢(るいのう)に入り、さらに鼻涙管(びるいかん)を通って鼻へ抜けています。この鼻を抜ける通路のどこかが狭くなっていたり、詰まっていたりすると感情に関係なく涙があふれるようになります。この涙に関するトラブルは赤ちゃんから高齢者までをも悩ます病気です。

鼻涙管狭窄(びるいかんきょうさく)・閉塞(へいそく)・慢性涙嚢炎(まんせいるいのうえん)

これらは鼻涙管が狭くなったり(狭窄)、詰まったり(閉塞)する病気です。鼻涙管の流れが悪くなると、涙が鼻へ抜けなくなり涙嚢へたまっていきます。そのため目頭の下の涙嚢を押すと、ねばりのある液が目の方へ逆流してくるのが特徴です。この粘液に細菌が感染し、膿が逆流するようになった場合を慢性涙嚢炎といいます。治療としては鼻涙管にブジーという細い針金を通して狭くなったり、詰まったりした鼻涙管を拡げる処置をすることがあります。

先天性鼻涙管閉塞(新生児涙膿炎)

鼻涙管の鼻の出ロに生まれつき薄い膜が張っているために、生後間もなくから涙や目やにが出る病気です。 治療は抗生物質の点眼と涙膿マッサージを行ないます。生後3ヵ月を過ぎても改善しない場合はブジーを涙点から入れて、涙が鼻へ通るようにします。

急性涙膿炎

目頭よりやや下の部分が赤く硬くはれて強い痛みが起こる病気です。鼻涙管が詰まり、涙膿にたまった涙に細菌が感染して膿がたまり、涙膿の周囲に広がったことで起こります。抗生物質で治療します。

ここでご紹介した病気は、初期症状としては涙や目やにが出ることが多いのですが、他の病気でも同様の初期症状が出るケースもたくさんあります。「いつもと違う」「何かヘンだ」「涙がずっと出ている」などの症状を感じましたら、自己判断せずに早めに受診してください。