当院について

診療について

うまとび

ワンポイント

普通運転免許証における眼鏡使用の条件について

 裸眼(眼鏡、コンタクトレンズを使用しない状態)で、両眼視力が0.7に満たない場台は、運転免許証の条件欄に「眼鏡等」が必要である旨が記載されます。
 しかし最近では、手術などにより裸眼で更新できる視力を得る方もいらっしゃいます。手術を受けて両眼の視力がO.7以上になった場合は、どうなるのでしようか。

●白内障手術などで裸眼視力が向上した場合

運転免許証の眼鏡使用の条件を解除することができます。また、免許証更新の際に受ける視力検査に合格すれば、新しい免許証には条件が記載されなくなります。
 ただし、免許有効期限内の場合、たとえ優良ドライバーであっても、近隣の警察署では手続きができません。
 有効期限内に「眼鏡等」の条件を解除するためには、運転免許センター、あるいは試験場へ行く必要があります。
当眼科の近隣(東京都)にお住まいの方の場合は、府中の運転免許試験場まで出向いて、限定解除窓口で手続きし、視力検査を受けて合格する必要があります。
 ちなみに「眼鏡等」の他にも「AT限定」など、免許の有効期限内にその条件が解除されたときは、運転免許証の裏面の備考欄にその旨が記載され、公安委員会印が押されます。
 なお、これは「東京都」の場合です。都道府県によってケースが異なります。また、大型車など、車種によっても条件が変わりますので、詳しくはお住まいの運転免許試験場、または各警察署の更新窓口にお問い合わせください。

白内障手術における多焦点眼内レンズについて

 白内障手術で使用されている眼内レンズは、濁った水晶体を取り除いたあとに挿入する人工の水晶体です。
 現在、一般的に使用されている眼内レンズは、単焦点眼内レンズですが、遠方にピントを合わせると近方は見にくく近いほうにピントを合わせると遠方が見づらくなります。 ほとんどの場合、見にくい距離を見るためにメガネを使用します。

新世代に登場した多焦点眼内レンズ

 眼内レンズに新世代の多焦点眼内レンズが登場し、使用可能となりました。
 多焦点眼内レンズは、遠方・近方ともにピントが合わせやすくなり、単焦点眼内レンズに比べ、メガネから解放される可能性が高くなります。ただ、若いころのように、見たいところに焦点を自由に合わせられるわけではないので読書、車の運転など、メガネを使用したほうが見やすい場合もあります。
 多焦点レンズを挿入する白内障手術の費用は、保険適用外のため、両眼で約90万円になります。
 また、どちらの眼内レンズも手術方法は同じですが、多焦点眼内レンズの場合は、眼の状態や生活環境によってすべての患者様に使用可能とは限りませんので、ご希望の方は、医師にご相談ください。

目に負担をかけない照明って?

 照明によって目の疲れ方が違うことをご存知ですか? 光が弱かったり強すぎたりすると、眼の負担になり疲れ目の原因になります。目をいたわるためには、照明の明るさにも気をつけましょう。とくに机の上で作業をする場合は電気スタンドのような追加照明をつけて、明るさを補いましょう。


目安の追加照明のワット数
白熱電球40~60W
蛍光灯15~20W

 これは目安です。お部屋で使用している照明器具によって変わります。照明は手元に向けて、直接目に入らないようにするのがポイントです。
また、蛍光灯は影ができにくいなどの長所を持っていますが、目には見えない多少のちらつきがあり、古くなるとそのちらつきが大きくなることもあります。
 一方、白熱灯はちらつきが少なく自然な光を得ることができますが、寿命が短く発熱量が大きいことが欠点です。最近の照明には両方を補うものもあるので、販売店に相談してみましょう。

  • 照明は手元が暗くならないように部屋全体を明るくし、机の上には電気スタンドを用い、電気スタンドの光源が直接目に入らないようにしましょう。
  • 読書や勉強のときには、目を紙面から30~40センチ離し、寝ながらの読書はやめましょう。
  • パソコンやゲームなどは、40分以上続けないようにしましょう。
  • 定期的に視力検査を受け、必要ならば医師の処方による適正な眼鏡を使用しましょう。

白内障手術後の注意事項

 白内障手術は安全性の高いものですが、それであっても術後は患者さまに気をつけていただくことがあります。 手術を受けたばかり、これから手術を受けるかも……という方は、ぜひご参考にしてください。

●洗髪・洗顔は手術後1週間経過してから可能です。

●入浴は首から下であれば、手術翌日から可能です。

(顔・髪をぬらさないでください〉

●運動について(可能な時期の目安)

  • ゲートボール(1週間後から)
  • ゴルフ(2週間後から)
  • 水泳(医師に確認後、許可が出てから)

仕事について(可能な時期の目安)

  • 家事(手術翌日から)
  • 事務仕事(約3日目後から)
  • 肉体労働(約7日目後から……始める前に医師にご確認ください)

●運転は医師に確認後、許可が出てから可能となります。

●目薬は手術後継続して使用していただきます。

●手術後の経過を診るために、しばらくは通院が必要です。

※細かい注意事項はこの他にもあります。詳しくは当院スタッフにお尋ねください。

当院でのお子さんの視力検査について

 当院では5歳以上のお子さんには視力検査を行っています。健診の結果や医師の指示によっては、3歳で行う場合があります。
 通常、視力検査では「輪の切れ目」をお答えいただきますが、お子さんの場合、輪の代わりに絵で検査をしたり、輪の模型を車のハンドルのようにもってもらい検査します。
 とくに低年齢のお子さんは、的確に検査することが難しいので、ご家庭において視力検査の練習をお願いすることがあります。
 お子さんの視力異常は早期発見、早期治療が大切です。それにはご家庭での日常観察が重要になります。
「目を細める」「顔をかたむけて見る」「テレビに近づいて見る」などの日常の何気ない行動で「見づらいのかもしれない」と感じたら、一度、視力検査されることをおすすめします。学校などで眼科受診をすすめられた場合も、早めに受診しましょう。

加齢だけではない、白内障の原因

 白内障の原因で最も多いのは加齢による「老人性白内障」ですが、加齢の他にも白内障を起こす原因はいくつかあります。

  • 「糖尿病」や「アトピー性皮膚炎」の合併症として起こるもの。
  • ステロイド薬の長期にわたる内服や点眼によって副作用から起こるもの。
  • 「ぶどう膜炎」など、他の目の病気に伴って併発する場合。
  • 母親の胎内で風疹に感染するなどが原因で、生まれつき白内障になっているもの。
  • 目を打ったり、異物が入ったり、目のケガが原因となるもの。

 白内障が進行すると物がだんだん見えにくくなり、かすみやまぶしさを感じます。少しでも自覚症状のある方は、早めに眼科を受診して検査を受けましょう。

花粉症

花粉症によるアレルギー性結膜炎の治療に関しては、眼科医を受診しましょう。2月~3月頃から生じるスギ花粉が代表ですが、スギ以外の植物の花粉によっても生じます。花粉の原因としたアレルギー反応で目に異常があれば、アレルギー性の結膜炎ということになります。
 いろいろな花粉症対策がありますが、医療機関を受診して薬をもらう場合、「餅は餅屋」の諺があるように、目に症状があったら眼科医を受診しましょう。実は花粉症ではなく、別の病気だったということもあります。このような病気は眼科医でなくては診断できません。
 目薬には抗アレルギー剤がよく使われますが、抗アレルギー剤の目薬だけでは、目のかゆみなどの症状は押さえきれないことがあります。このようなときには、ステロイド剤の目薬を一緒に使うと効果があるようです。しかしステロイド剤には、眼圧上昇などの副作用が起こることがありますので、必ず眼科医の診察、検査を受けて下さい。定期的なチェックを受けていれば、万一、眼圧上昇などの副作用を生じても、すぐに対応できます。

自分でできる「老視」のチェック

「老視」。耳慣れない言葉のようですが、いわゆる「老眼」を意味します。年齢を重ねて、目の働きが衰えたことによる症状です。目の老化は誰にでも起こることです。老視は自分でも簡単にチェックできます。「そろそろかな・・・」という意識が出てきたら、気軽にチェックし、早めの対処をおすすめします。

  1. 新聞の字が明るい所では読めるのに、薄暗いところでは読みづらいことがある。
  2. 本など、無意識に目から遠ざけて読んでいる。
  3. 「読む」「書く」などの作業が長続きしない。
  4. 新聞などを読むとき、近視用のメガネを外して読んでしまう。
  5. 買い物などで、値札を読み間違えることがある。

いかがですか?心当たりがあれば、「老眼鏡」を考える必要があるかもしれません。 また、老視以外の原因による場合も考えられますので、眼科での検査をおすすめします。

アレルギー性結膜炎って、なあに?

花粉によるアレルギー性結膜炎の特徴は、目のかゆみと充血です。眼球そのものをかゆく感じたり、まぶたや、まぶたの縁にかゆみが現れます。このかゆみは、こすればこするほど強くなり、それに伴って症状も悪化していきます。
 また、こすることで黒目を傷つけてしまうこともあるので、「目がかゆい。ゴロゴロする」といった症状を感じたら、まずは眼科を受診しましょう。
 治療としては、ステロイド(副腎皮質ホルモン)、抗アレルギー剤、炎症を抑える目薬が処方されます。ステロイドは症状を改善させるのには優れていますが、眼圧の上昇を招く副作用があるので、必ず医師の指示に従ってご使用ください。これらの薬は、人によって効果や副作用がさまざまです。適切な診察を受け、眼科専門医の正しい治療を受けることをおすすめします。

正しいメガネの取り扱い方を知っていますか?

● 掛けはずし

 テンプル(つる)をきちんと両手で持ち、顔の正面より掛けはずしてください。片手で行うと、フレーム(枠)が変形する原因となります。

● 置き方

 レンズの面を下に置くと、レンズにキズがつきます。レンズを上向きに置いてください。また、炎天下の車の中や暖房器具の近くなど、高温の場所に置かないでください。レンズやフレームを劣化させます。

● 拭き方

 拭くほうのレンズの外側を指で挟むように持ち、レンズ専用のメガネ拭きでやさしく拭いてください。反対側のレンズやフレームを持って拭くと、フレームが変形する原因になります。

● ゴミやほこり等が付着しているとき

 ゴミやほこり等が付着しているときそのまま拭き取ろうとすると、レンズにキズが付きます。まず水洗いをして汚れを取り除いてから、ティッシュで水気を取り、レンズ専用のメガネ拭きでやさしく拭いてください。

● 汚れがひどいとき

 中性洗剤を薄めた液で洗ってください。その後、水洗いをしてやさしく拭いてください。(アルカリ系洗剤や石鹸は使用しないでください)

● ぬれたとき

 すみやかにティッシュで水気を取ってください。放置すると、レンズに水跡が残ったり、金属部分の腐食、樹脂の変色や変質の原因になります。

メガネはレンズ、フレームとも経年変化により変形や劣化が起こります。1年ごとを目安に、購入店で定期的な点検を受けましょう。

目は洗っていいの?

 最近、テレビのコマーシャルなどで「目を洗う。汚れをとる」などという言葉を耳にします。目は、本当に洗っていいのでしょうか?
 もちろん、ゴミが入った場合やシャンプーが入ったときなどは、目を洗うことも大切です。でも、普段の生活の中で習慣的に目を洗う行為は、あまりいいことではありません。
 その理由は涙にあります。目の表面は、涙で覆われています。涙は目の乾燥を防ぎ、目の表面をなめらかにし、物をきれいに見えるようにする役割をもっています。また、眼の中に入ったゴミやホコリを洗い流し、細菌感染を防いでいます。
 目を洗うことは、涙まで洗い流してしまいます。その結果、防御能力が低下してしまうこともあります。こうした理由から、特別な場合以外の目洗いは、いいことではありません。
 ホウ酸で洗うということも、同様です。「ものもらい」や「結膜炎」はホウ酸で洗っても改善されません。何か症状があるときは、早めに受診されることをおすすめします。

手頃な老眼鏡はあるけれど

 メガネ屋さんの店頭や通販、カタログショッピングなどで気軽にしかも安価な老眼鏡を購入できますが、残念ながら正しいメガネの条件には当てはまりません。このような既成の老眼鏡は左右とも同じ度数でレンズの中心もフレームのサイズも平均的に作られているからです。多くの人が利用する郵便局や銀行の窓口などで一時的に使うものとしては便利かもしれませんが、ご自分の目にきっちりと処方された正しいメガネの方が見やすく、疲れにくく、目のためにも良いことは言うまでもありません。老眼鏡をかけたからといって老眼が進みやすくなることはありませんので、我慢をせずにご自分にあった老眼鏡で快適な生活を送られることをお勧めします。

逆さまつげ

 逆さまつげには、まつげの生えている方向が内側に向いてしまっているものと、まぶたのたるみや赤ちゃんのようにまぶたがふっくらしているために全体的にまつげが内側に入り込んでしまっているものがあります。いずれにしても、まつげが内側に向いていると角膜(黒目)にふれて傷を付けてしまうので「痛み」「チクチクする」「うっとうしい」「涙目」などの症状が出ます。治療は、生えている方向の悪いまつげを抜いて、角膜の傷には目薬を使います。まつげはしばらくするとまた生えてきますので、定期的に眼科で抜いてもらう必要があります。まつげの生え方によっては、ビューラーなどでまつげをカールさせて、角膜の傷を防ぐこともできますが、ご年配の方に多いまぶたのたるみが原因の場合は適しません。また、まぶたのたるみが強い場合や、まぶたが原因の場合には手術が必要になることもありますので、診察時に医師にご相談ください

上手な受診ポイント

 せっかく医師の診察を受けたのに、自分の病気について「説明がよくわからなかった」「もっと聞いておけばよかった」などと感じた経験はありませんか。「あなたが゛いのちの主人公・からだの責任者″」をキャッチフレーズに患者様のための「医師にかかる10箇条」が厚生労働省から提唱されていますので、ご紹介します。

  1. 伝えたいことはメモして準備
  2. 対話のはじまりはあいさつから
  3. よりよい関係づくりはあなたにも責任が
  4. 自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
  5. これからの見通しを聞きましょう。
  6. その後の変化も伝える努力を
  7. 大切なことはメモをとって確認
  8. 納得できないときは何度でも質問を
  9. 治療効果を上げるために、お互いに理解が必要
  10. よく相談して治療方法を決めましょう。

ご自分のことだからこそ、積極的な質問ができるようにもう一度確認してみてください。また検査や診察の時には、口の中に食べ物を入れたままにしないようにお願いいたします。時にのどに詰まらせることがあります。目の周りのお化粧も控えましょう。

眼の健康管理

 就学時や学校の検診、健康診断などで、眼科の診察をすすめられたら、早い機会に必ず眼科を受診するようにしましょう。眼鏡で解決する場合もありますが、病気のために治療が必要になることもあるからです。大切な目を守るために次のことに注意して目の健康管理に努めましょう。

  • 机に向かう仕事や勉強、読書は正しい姿勢で行いましょう。
  • 近くのものを見る作業や読書を1時間行ったら、10分間ぐらい遠くを見たりして目を休めましょう。
  • 照明は明るすぎたり、暗すぎたりしないようにしましょう。
  • 「目の疲れ」かなと思っても、症状が重い場合やあまり長く続くようなら眼科を受診しましょう。

雪目って知っていますか?

 晴天のスキー場はすがすがしく気持ちいいですが、思いのほか日差しが強いものです。この強い日差しや雪の斜面から照り返しを長時間浴びていると、角膜の表面(黒目の表面)に障害を起こしてしまいます。これが「雪目」です。原因は紫外線が角膜の表面を破壊するためです。症状はまぶしさや涙がでるなどですが、重症になると紫外線を浴びた5~6時間後に目を開けられないほどの激痛を味わうこともあります。症状を和らげるにはタオルなどで冷やし、目を閉じて安静にしてください。軽いものは2.3日で角膜が再生されて治りますが、症状が重いときには市販の目薬は使わずに、医師の診察をお受けください。雪目になる前に紫外線を遮断するサングラスを使用して、しっかりと予防しましょう。また、電気溶接の光線でも同じことが起こります。溶接時も保護眼鏡を使用しましょう。

目薬のつけ方

 目薬を正しくつけることは、意外にむずかしいものです。いま一度、正しい目薬のつけ方をおさらいしてみましょう。まず、手を石鹸でよく洗いましょう。顔を上に向け、下まぶたを軽く引き、目薬の容器の先がまぶたやまつ毛にふれないように注意して一滴点眼して下さい。

  • 10秒間目をつむり、あふれた目薬は清潔なティッシュペーパーなどで拭き取ってください。
  • 目薬が2種類以上ある場合は、次の目薬は5分以上の間隔をあけて点眼してください。
  • 点眼後は、目薬のフタをきちんと閉めてください。
  • 目薬は自分だけのものです。他の方に貸したり、使いまわしをしないでください。

 未開封の目薬と開封した目薬では、使用期限が違います。開封したものは長くても1か月です。使用期限を守るため、開封したときに目薬に日付を記入しておくと良いでしょう。目薬は医師の指示に従って、使用方法や回数を守りましょう。

夏のプール、結膜炎に気をつけて

 プールは楽しい反面、細菌やウイルスにより結膜炎になりやすい場所でもあります。 とくにウイルスによる結膜炎は「はやり目」と呼ばれ、感染力が強く、治るまでに1~3週間もかかります。「目が赤い」「目やにが多い」などの症状があるときは、プールに入ることを見合わせ、早めの受診をお勧めいたします。 「気になるな...」という症状が出たら、感染するものかどうか、またプールに入っていいものかどうか確認し、医師の指示に従いましょう。

メガネをかける!?

 メガネの役割には、近視・遠視・老視による視力を改善するための補正機能、風、ほこり、まぶしさから目を守る保護機能、アクセサリーのひとつとして、メガネをかけるファッション機能などが考えられます。医療用具として考えるならば、メガネは視力補正のため。はじめてメガネをかける患者様の中には、メガネのフレームや重さ、着用したご自分の顔に違和感を感じたりして、抵抗のある方も少なくないようです。それだけにご自分のメガネの目的や使用方法をご理解の上、ご使用になることをお勧めします。メガネのフレームやレンズの種類は、数多くありますので、信頼できるメガネ屋さんで十分な説明をお聞きになってから、お決めになると良いでしょう。

「ものもらい」ってなに?

 「ものもらい」は麦粒腫の俗称です。まぶたの縁にある分泌腺にばい菌がついて化膿したものです。症状はまぶたが赤く腫れて、異物感や目やに、まばたきをしたときの痛みなどですが、ひどいときには腫れも大きく、痛みも強くなります。治療には抗生物質や消炎剤の目薬を使い、炎症が強い場合は飲み薬を使うこともあります。腫れてから数日で膿が出て治りますが、膿が出ない場合は、切開することもあります。
  「ものもらい」の名前から、人からもらうもの、うつるものと思われがちですが、うつるものではありませんのでご安心ください。完全に予防することは難しいですが、日頃から清潔に心がけ、汚れた手やハンカチで目をこすったり、ふれたりしないように気をつけましょう。

瞼烈斑(けんれつはん)とは?

瞼烈斑は、角膜の横の白く見える結膜にできる淡黄色や黄褐色の小さく盛り上がったものを言います。原因はまだはっきりしていませんが、屋外の仕事をしている方に多く見受けられるようで、紫外線と関係があるのではないかと考えられています。外見的に気になる方もいらっしゃると思いますが、薬によって瞼烈斑を取り除くことはできません。ほとんどの場合は無症状で、特に治療の必要もありませんので、自覚症状がなければ放っておいても大丈夫です。時に、瞼烈斑炎という炎症を起こし充血などの症状がでる場合がありますが、この場合は炎症を抑える点眼薬を使用しますので、受診されることをおすすめします。