当院について

診療について

うまとび

症状インデックス

コンタクトレンズ

●レンズはどこで作るの?

眼科専門の医師がいるところで作りましょう。目の状態を判断してコンタクトレンズが使用できる目なのか?どんなレンズが自分の目にあっているのか?こんな疑問には眼科の医師でなければ答えられません。けっして通信販売や医師のいない販売店では作らないでください。

●検査は必要?

最初にレンズを作るときには当然ですが、調子が良くても3ヶ月に1度は定期検査を受けましょう。定期検査では、目の病気の原因となるコンタクトレンズの汚れやキズ、もちろん目の状態も検査します。自覚症状が出たときには、かなり病気が悪くなっている場合もあります。 コンタクトレンズを快適に使用していくためにも、ぜひ定期検査を受けて下さい。

●自分のレンズにあったケア用品(洗浄液)がわからない

最近では洗浄液がたくさん販売され、自分のレンズにどの洗浄液が合うのか分かりにくく、使用方法もまちまちです。1999年にレンズと洗浄液がグループ分けをして、いろいろな洗浄液を使用できるようになりましたが、使用しているレンズがどのグループで、洗浄液はどのグループのものが使用できるかが分からないため、かえって混乱をまねいているようです。レンズを購入したときに説明を受けた洗浄液を使用するのが一番安全ですが、ほかの洗浄液を購入するときには、コンタクトレンズの知識があるところで購入しましょう。

●レンズは何時間入れていられるの?

使用時間には個人差があるので、医師の説明や指示を守りましょう。決められた時間を超えて使用すると目が酸素不足になり、その状態が続くと様々な目の病気の原因を作ることになります。ひどい場合は2度とコンタクトレンズが使用できなくなるでしょう。大したことはないだろうと、無理にレンズを使い続けるのは禁物です。