当院について

診療について

うまとび

症状インデックス

市販目薬について

●眼科に来院されている患者様をはじめ、市販目薬はほとんどの人が一度は使用したことがあるでしょう。その多くの人が、手軽に使用できる「目の万能薬」と思いこんでいませんか? 意外と知られていない市販目薬について、注意事項をまとめてみました。

●その薬、症状に適していますか?

症状に対して充分な効果がある薬かどうか、薬店で購入の際には薬剤師さんに相談しましょう。自分で注意書きをきちんと読むことも大切です。

●使い過ぎは要注意

充血を取り除く目薬には血管収縮剤(血管を細くする薬)が配合されていますが、使用し続けることによりリバウンドを引き起こし、かえって症状を悪化させてしまうことも。また、本来の症状を隠してしまうため、正しい診察が出来なくなる可能性もあります。

●目薬は思っている以上にデリケート

液体の薬は非常にデリケ-トです。保存のための防腐剤は含まれていますが、それでも封を一度開けたら1ヶ月以内を目安に使用してください。

●根本的な解決方法ではありません

目薬は、現在の症状がそれ以上悪くならないようするもの、もしくは一時的な回復に効果を発揮するものです。目薬だけでは症状の根本的な解決にならないことを、覚えておきましょう。 目薬といえども、本来はきちんと診察を受けて処方される薬です。目にちょっとした異常を感じたら自分で判断せず、きちんと眼科医の検査を受けることをお勧めします。また基本的なことですが、細菌が入るおそれがありますので、目薬を点眼するときは、まぶたや皮膚に触れないように注意してください。

目薬の使い方

「目薬」は内服薬と同様です。使用回数を守らないと効果も出ませんし、また毒にもなります。 つけ方は、指で下まぶたをひいて、目薬の容器が直接まつげや目に触れないように1滴落としてください。2滴以上つけてもあふれるだけで、かえって目の周りがただれる原因になります。 2種類以上の目薬がある場合には、1種類をつけたら5分くらい時間をあけて別の目薬をつけるというように、間隔をあけてください。

●保管

直接日の当たる場所や、車の中に置きっぱなしにするなどしなければ、持ち歩いてもかまいません。 目薬にも使用期限があります。ふたを開けたものは早いもので1週間、長く使えるものでも1ヶ月以上は使わないでください。もちろん、冷蔵庫の中に入れておいても同じです。

●副作用

目薬の中には副作用に注意を払いながら使用しなければならないものもあります。次回の来院日を指定された場合は、その薬の効果のみならず、副作用の有無を調べるためにも必ず来院してください。 副作用の確認を必要とする目薬が処方された場合は、「薬のみ」で申し込んでも処方されません。薬の内容を確認することをお勧めします。また、受診してから3ヶ月以上たちますと「薬のみ」の処方は出来なくなります。病気の状態によっては私たちスタッフより受診をお勧めすることもありますので、あらかじめご了承ください。