当院について

診療について

うまとび

症状インデックス

近視・遠視・乱視

●近視・遠視・乱視とは屈折異常のこと

「私、目が悪いの」なんて、よく耳にする言葉ですが、この場合は目が病気という意味ではなく、視力が悪い、ものが見えにくいと言いたいわけです。正しい言い方をすれば、屈折異常と言います。 ご存じのように、この屈折異常には近視、遠視それと乱視があります。正常な目では、眼球に入ってきた光は角膜と水晶体という2つのレンズで屈折し、ちょうどいい具合に網膜上に像が結ばれるようになっています。ところが、屈折異常の目では、光が網膜上で像を結ばないので、ものがかすんだり、ぼやけて見えてしまいます。

●屈折性の近視・遠視

この原因は2つあり、一つは屈折するレンズに問題がある場合です。レンズの働きをする角膜と水晶体のうち、細かいピント合わせをしているのが水晶体ですが、水晶体はその周りにある毛様体の働きで、厚くなったり薄くなったりすることでピント合わせを行っています。この毛様体の働きが悪いのが屈折性の近視や遠視です。


近視
近視

角膜のレンズとしての働きは全体の2/3で、のこり1/3は水晶体によるものです。通常、水晶体は焦点あわせの微調整が出来るため、近くも遠くもよく見ることができるようになっています。

  • 正常な状態(正視)全ての光が網膜上の1点に集光されればクリアな像が見えます。
  • 近視の場合  集光されたところが網膜よりも前になっています。
  • 遠視の場合  集光されたところが網膜よりも後ろになっています。
また、角膜との関係でいうと
  • 角膜の曲がりが強い場合  網膜の前の方に離れて焦点が結ばれます。 =近視
  • 角膜の曲がり方が平坦な場合  網膜の後ろの方に離れて焦点が結ばれます。 =遠視

●軸性の近視・遠視

もう一つは、レンズの問題ではなく、レンズと網膜との距離が長すぎたり短すぎたりして、うまく網膜に像を結べない場合です。これを軸性の近視・遠視といいます。

●乱視

また、角膜自体の形がゆがんでいると、光の焦点が定まらないため像を結べず、ぼやけて見えてしまいます。これを乱視といいます。この乱視は近視や遠視と組み合わさると、近視性乱視や遠視性乱視となります。

●このように屈折異常を矯正するために、眼鏡、コンタクトレンズを使用するのが一般的ですが、最近では手術を受ける方もいらっしゃいます。眼鏡、コンタクトレンズは眼鏡店などで手軽に作れますが、屈折異常だと思っていても、他の問題や体の病気で視力が低下していることも考えられます。作る時には眼科医の検査をお受けになることをお勧めいたします。

子供の視力

●子供の視力に対する家庭での注意

  • 就学時や学校の検診で眼科の診察を勧められたら、必ず早いうちに眼科を受診しましょう。眼鏡、コンタクトレンズで解決する場合と、病気によってはすぐに薬による治療や手術が必要になることもあるからです。基本的なことですが、眼鏡が必要な場合はきちんとかけさせてください。
  • お子さんが家庭でテレビや離れたものを見る時、目を細めたり、眼球の位置が内側や外側にずれていたり、顔を傾けて見ているなど、おかしいと気づかれたら放っておかずに眼科の診察を受けて下さい。
  • すでに眼鏡やコンタクトレンズを使っている方は、眼鏡をかけて見え方が変わりなくても、年に一度は眼科で検査を受けましょう。特に、遠視の方や小さいお子さんは、きちんと決められた間隔で診察を受けて下さい。コンタクトレンズも種類を問わず、定期検査を必ず受けて下さい。自覚症状のないうちに、コンタクトレンズの破損や角膜のトラブルを発見できます。
  • 最後に生活上の基本として、勉強や読書は正しい姿勢・明るさ・目と本の距離(約30cm)に気を付け、1時間したら10分くらい目を休めることや、テレビの見すぎ、コンピュータ作業のしすぎ(40分以上続けないこと)に注意することを、ぜひ心がけていただきたいと思います。