硝子体手術について緑内障手術について手術の流れ

白内障手術について

白内障とは、眼の中でカメラのレンズの役割をしている水晶体と呼ばれる部分が白く濁ってくる病気です。

白内障にはいくつかの種類があり、最も多いのが眼の老化によるものです。そのほかに眼の外傷によるもの、糖尿病によるもの、アトピー性皮膚炎によるものなどがあります。

症状は、かすみ、見にくい、まぶしい感じがするといった程度です。はっきりとした自覚症状はなく、痛くなったり、かゆくなったりすることはありませんが、症状が進行すると視力が徐々に低下していきます。

残念ながら、水晶体の濁りを取り除く目薬は現在ないため、白内障が進行して視力が低下した場合、手術以外に視力を回復させる方法はありません。

手術は濁った水晶体を取り除き、その代わりに人工のレンズを入れ、水晶体の役目をさせます。手術時間は10分程度です。

当院でも日帰り手術を行っておりますので、詳しくは医師、スタッフにご相談下さい。また、白内障手術を希望される方には、定期的に手術説明会を行っております。

現在の医療は充実した医療機器の存在なしでは患者さんと医師がともに満足できる結果を得ることは出来ず、私たち眼科においてもそれは例外ではありません。特に手術においては正確性、安全性、かつ患者さんの回復力向上などを考え、高性能の医療機器を取り入れることが必要です。超音波白内障手術装置は、濁った水晶体(白内障)を砕いて吸い取る装置です。この装置のため、切開創(傷口)は最小約2.5mmになりました。傷口が小さいということは、それだけ治りが早いということです。

また、小さな(切開創)傷口からでも挿入可能な眼内レンズを使用しています。眼内レンズにも種類があり、患者様の白内障の状態や、乱視の状態、に合わせた眼内レンズを選択いたします。加えて当院では、厚労省が定める選定医療制度に従った多焦点レンズ挿入白内障手術も行っています。ご希望のある方はご相談ください。

スケージュールに関しての詳細は「白内障手術を受ける方へ」をご覧ください。また、白内障手術を希望される方には、外来診察でその希望が確認できた段階で、定期的行っている手術説明会へご案内しております。

白内障手術を受ける方へ

 

手術説明動画

近日公開の予定です。

手術前説明会

患者さまやご家族の方の不安や負担を少しでも軽くするために、手術説明会を開催しております。手術をご希望の方は医師にご相談ください。

注意事項

  1. 白内障の手術は、日帰り手術のみとなります。
  2. 白内障の手術日は、火曜、水曜、金曜日となります。
  3. 白内障手術は、申し込みをしてからおよそ1~2ヶ月先になります。
  4. 片眼の白内障手術の費用は、1割負担で約18,000円、3割負担で約50,000円です。
  5. 手術当日の夜間、一人にならないよう配慮してください。
  6. ご家族とよく相談して、予定をたてましょう。
  7. 手術当日まで、内科医の指導を受け、体調を整えてください。
  8. 手術前後、医師の許可があるまで運転は禁止です。
  9. 手術の見学ができます。当院では手術に対する十分な理解をしていただくために、ご家族に手術の見学をお勧めしています。

手術後の視力について

白内障手術については術後、白内障以外の病気がない限り、現在より視力や眩しさ(羞明感)は良くなります。しかし、糖尿病・高血圧・眼底出血・緑内障・強い近視・角膜の濁りなどが合併している場合は、改善度は限定的となる場合もあります。

後発白内障について

白内障手術後、再び霞んで見えたり、視力低下が起こる事があります。白内障手術時に、水晶体の中身のみを取り出し、残したカプセルの中に、眼内レンズを入れていきます。そのカプセルの後面に濁りが生じる状態を、後発白内障といいます。視力低下や濁りの状況により、レーザーでの治療が必要になります。

多焦点レンズ挿入白内障手術について

現在当院では「多焦点眼内レンズに係る選定療養に関する指針 」に基づいて手術を行っております。

取り扱い眼内レンズ

テクニス シンフォニー® オプティブルー®
テクニス シンフォニー® トーリックII オプティブルー®
Alcon PanOptix® Trifocal
Alcon PanOptix® Trifocal トーリック

 

PAGE TOP