白内障手術

白内障とは、眼の中でカメラのレンズの役割をしている「水晶体」と呼ばれる部分が白く濁ってくる病気です。白内障が進行して視力が低下した場合は、手術以外に視力を回復する方法はありません。「白内障」と診断され、手術を勧められたら、どのような順序・スケジュールで手術が行われるのでしょうか。

手術はどのような場合に必要か

    • 白内障と診断され、日常生活や仕事において視力に支障が生じたとき。
    • 新しいメガネを作っても、視力の改善に効果が現れないとき。
    • 白内障による視力低下を改善したいと思ったとき。

このようなケースには手術をお考えください。 手術をご希望の場合は、まず、医師の診断が必要です。患者様によっては、白内障以外の病気を抱えた場合もあり、手術で視力が回復しないこともありますので、医師に相談の上、お決め下さい。

手術を希望する場合

スタッフより、手術説明会の予定をお話します(白内障の手術についてのパンフレットをお渡しします)。

    • 説明会にはご家族と一緒に参加していただきます。
    • 手術日を決定します。
    • 手術のための検査日を決めます。

手術前検査 1回目 ※ご家族とご一緒に

    • 瞳を広げて検査(運転はできません)
    • 眼内レンズ決定
    • 角膜内皮の写真
    • 網膜機能検査
    • 内科医師への紹介(紹介状をお渡しします)

手術前検査 2回目

    • 内科の返事確認
    • 現在服用している薬の確認(服用中のお薬をご持参願います)
    • 鼻涙管の洗浄( 涙の管を洗います。涙の流れを確認します)

手術前検査 3回目 ※ご家族と一緒に

    • 手術当日の準備や時間の説明
    • 手術前の目薬の処方

手術を受けます

手術後も定期的に診察をします

手術は、ご本人だけでなく、ご家族の手術に対するご理解とご協力が必要です。説明会だけでなく、手術前の検査・手術日・手術翌日の診察には、ご家族と一緒に来院していただくことになりますので、よろしくお願いたします。

また、当院において、白内障手術はすべて「日帰り手術」となります。入院をご希望の方には入院可能な病院を紹介させていただきます。

手術の詳しい内容については、白内障のパンフレットをお渡しし、説明会でお話ししています。ご不明な点、ご質問がありましたら、スタッフまでお問い合せ下さい。

PAGE TOP