白内障手術について緑内障手術について手術の流れ

硝子体手術について

硝子体手術とは主に、眼球内に存在する「硝子体」「網膜」にある、病気に対して手術が必要である場合に行います。病気の状況に応じて、大学病院等にご紹介をする場合もありますが、当院で安全に手術を行えると判断できましたら、万全の体制で治療を行っております。手術前の準備につきましては白内障手術に際して行うものと変わりはありません。
麻酔は白内障手術同様に局所麻酔です。白内障手術は主に点眼麻酔のみで手術を行いますが、本手術では、痛みと眼の動きを抑制するため眼の奥に追加の麻酔を行います。

手術については、手術器具を出し入れするためのポートを眼球に取り付け、眼球内を操作します。疾患にもよりますが、手術時間は30分~2時間程です。白内障手術と同時に手術を行うこともあり、術前に患者様に最善の方法をご提案いたします。術後は問題がなければ、30分程度休憩して頂いた上でご帰宅可能です。その他に、網膜に対する処置として(主に網膜剥離の手術)手術の最後に眼球内に膨張性のガスやシリコーンオイルを充填することもあります。その場合は、30分~1時間程度うつぶせを当院でしていただきご帰宅していただくこともあります。また、その場合はご帰宅後も数日うつぶせや側臥位等の体位に制限を設けさせて頂くこともありますが、その場合も術前後に御説明致しますので、ご安心ください。

適応疾患:網膜前膜 黄斑円孔 網膜剥離 糖尿病網膜症

手術後の視力について

網膜硝子体手術後の手術については、白内障手術と比較し、緩やかに(徐々に数ヶ月かけて)視力が改善していきます。手術方法によっては眼内に空気やオイルをいれることにより、一時的に見えづらくなることもあります。一般的に網膜硝子体手術は、視力に直結する網膜(神経細胞の集合体)の病変に対する手術操作を行うためであります。術後診察時には詳しくご説明いたしますのでご安心ください。

PAGE TOP