形成外科外来を新たに開設いたします

当院では眼部、主に眼から眼周囲、眼瞼(がんけん)に至る患者様のお悩みに対して、眼科的なアプローチで治療や診療を行ってまいりました。眼瞼下垂、眼瞼内反症に対しての手術も当院で多くの方に受けて頂いております。

この度、今までの眼科的な眼周囲、眼瞼の治療に加え、当院では2022年5月16日から新たに形成外科診療を始める準備をしております。

形成外科外来では眼の周囲だけでなく、顔や体の気になる母斑(ホクロ)やしこり、擦り傷や切り傷、やけどなどのお怪我、手術やケガの後の傷跡のふくらみや赤み等を診察いたします。形成外科を併設することで幅広い医療を患者様にご提供できると考えています。女性の形成外科専門医が診療しますので、男性医師には相談しづらい部分のほくろやしこり等お気軽にご相談いただけます。

診療日や診療時間、当院で治療可能な対象疾患、治療法等については、今後ホームページや院内サイネージ等で随時ご案内してまいります。
ご不明な点やご質問等は、お気軽に受付にお声かけください。

手術実績(2021年1月〜12月)

杏林アイセンター

東京医科大学病院

術後安心プラン
PAGE TOP