虫が飛ぶ

生理的飛蚊症

飛蚊症とは眼球内の一部分である、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質内に浮遊する物体が網膜に投影されて、「虫」や「糸くず」、「たばこの煙のようなわっか」等の形として自覚される症状です。

その原因として、生理的、病的かが分けられます。生理的飛蚊症はいわば正常な状態でも(多くはっ加齢に伴い)出現するものであり、完全に消失することはありませんが、「慣れてしまうと気にならなくなる」ことが多く、その場合は経過観察しても問題ないとされています。

ただ、病的な飛蚊症である場合、積極的な治療を要するものもあり、症状が出現したり、悪化したりする場合は、すぐに御相談頂きたいと思います。

PAGE TOP