まぶたが下がる

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がった状態で先天性と後天性に分けることができます。
先天性はまぶたを引っ張り上げる筋肉(眼瞼挙筋)が生まれつき発育異常のものです。後天性のものは、まぶたを引っ張り上げる腱膜に異常がある場合と、神経原性に病因がある場合に分類されます。

当院では、後天性の眼瞼下垂に対する手術を行っております。
筋肉(眼瞼挙筋)が弛んでいるために眼瞼下垂が生じている場合は、その筋肉の張力を回復させる方法を取ります。一方で、筋肉の力は維持しているものの、皮膚のみが緩んでいる場合は、瞼や眉毛の下の皮膚を切除し対応をしております。

PAGE TOP