ものが歪む

黄斑前膜

黄斑部にオブラートのような薄い膜が張る病気です。硝子体が加齢とともに変化し網膜面からはずれてきます。このとき黄斑部で薄い硝子体の膜が残りこれを土台として細胞の増殖が起こり膜になるといわれています。

進行すると膜が黄斑を引っ張り、網膜に皺がよったりむくんだりして、視力が低下したりゆがんで見えるようになります。進行しても失明する事はありません。

片方の目だけに起こっている場合は症状を自覚しない事もあります。網膜のむくみの状態、視力、変視症の程度などから手術を決めます。
症状がそれほど強くなかったり自覚症状がなければ急いで手術をする必要はありません。手術は硝子体手術を行い、薄い膜を網膜から取り除きます。

PAGE TOP