ものが歪む

黄斑浮腫

黄斑とは網膜の中心にあり、視機能における最も重要な場所です。

網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、ぶどう膜炎などに併発して生じる所見で、視力低下や物の歪みが自覚症状として現れます。原疾患により治療法は異なりますが、抗血管内皮増殖因子薬(抗VEGF)やステロイド薬を眼内に注射することが治療の中心となります。

眼内への注射のみでは効果が不十分な場合に網膜光凝固(レーザー)や硝子体手術を併用することもあります。

PAGE TOP