虫が飛ぶ

ぶどう膜炎

「ぶどう膜炎」という聞きなれない病気について簡単にご説明します。 ぶどう膜炎とは目の組織の一部であるぶどう膜(虹彩・毛様体・脈絡膜) を中心に炎症が起こる病気です。
症状は、主に
・霞み(白っぽく見える等)
・羞明(まぶしい)
・充血、痛み
を伴い、視力が低下するものです。 これらは放っておくと、視力が回復しないほどのダメージを負うこともあり 早急に診断して治療を開始する必要があります。
ぶどう膜炎は、原因が特定できないものから、 何らかの病原体に感染して生ずるものまで多種に及びます。
原因が特定できないものについては、免疫が関係するものがあります。 免疫にも「自己免疫」というさらに聞きなれないものがあります。
免疫とは体に異物(ウイルスや細菌等)が入ってきたときに 自分の身体を守るために起こす反応ですが、それが「自己免疫」では何かの拍子に 自分の身体が自分(ここでは眼)を免疫反応で攻撃してしまう現象です。

検査としては一般的な眼科検査の他に、眼内の炎症がどれだけ強いかを判断するのに重要な検査として、「蛍光眼底造影検査」という網膜の血管を映し出す検査を行い、現状の評価をすることもあります。
治療については、感染性ではその病原体に対する治療を点眼や内服治療、注射投与で治療を行うこともあります。また、感染性でも自己免疫性でもぶどう膜に対する炎症であるため、ステロイドの点眼や眼への局所注射を行ったり、全身精査で問題がなければステロイドの内服を行うこともあり、その時の眼症状によって治療を判断しています。

(広報誌 うまとび44号より転用)

広報誌 うまとび44号

PAGE TOP