眼が痛い

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

角膜(黒目)の表面に細菌が侵入し、角膜を溶かし、激痛を伴いながら、視力が低下してしまう疾患です。
放置してしまうと、角膜に侵入した細菌が角膜を溶かしてしまい、時として角膜に穴が開いてしまいます。

治療は抗菌薬の点眼を日中の点眼を通常よりも高頻度で行う必要があります。
穴が開けば、角膜移植といった治療をしなければなりません。

早期に治療が開始されれば、大事にならずに済みますので、症状がでれば直ぐに、受診ください。

PAGE TOP